腰痛対策

腰に優しい寝方

投稿日:

寝ている時の寝ぞうが原因で、腰が痛くなってしまうこともあります。
寝ている時に腰痛にならないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?
実は寝る時の姿勢を意識するだけでも、腰痛になりにくい体質にすることができます。

○腰痛の人にはこんな寝方がNGです

腰痛の人は、寝る時ツライですよね。
腰が痛くて眠れないことや、途中で起きてしまうことさえあります。
腰に優しい寝方にするためにも、寝具や寝る時の姿勢にこだわる必要があります。
まず、うつ伏せや仰向けで寝ている人は、腰が圧迫されやすいので、負担がかかってしまいがちです。
また、お尻が背中よりも前に出てしまっている態勢もよくありません。ウエストとの凹凸のギャップが大きくなってしまうからです。それだけ腰痛になるリスクが高くなります。

○タオルやクッションを遣って補正する

普段の寝る時の姿勢に気を付けて、タオルやクッションを使って補正するのもおすすめです。

タオルやクッションを使って寝る時の姿勢を補正していれば、腰痛の痛みが緩和されてきます。腰に負担がかかりにくいでしょう。

まずは横向きになり、脚の間に薄いクッションをはさんでみてください。
そうすると、腰と脚が水平の高さに等しくなり、腰痛が楽になることがあります。
海老の形を思い描いてみるとわかりやすいでしょう。体を少し丸めて、横向きになってみるといいです。

クッションなどの補正は、寝る時にとても便利です。
横向きになるなどして、痛みが強くならないような位置を見つけてみてください。人によってそのポジションは違ってきます。

-腰痛対策

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コルセットは腰痛に良くない

急に腰痛になってしまった時、あるいは慢性的に腰痛が続いている時、コルセットを使っていれば腰の痛みが緩和されると考える人も多いでしょう。しかし一部では、コルセットこそ腰痛に良くないといった声もあります。 …